« 光脱毛にも種類がある|IPL脱毛とSSC脱毛 | ホーム

2016年9月 8日

エターナルラビリンスに業務停止命令!何があったのか!?

エターナルラビリンスに業務停止命令が出ています。何があったのでしょうか。今回、調べてみたので参考にしてみてくださいね!

■エターナルラビリンスでトラブル発生

有名芸能人を起用して全国に店舗を構えているエターナルラビリンスは比較的安い料金でレベルの高い施術を受けることができると高い評価があります。

その魅力は、全身脱毛が月額9500円でできるという点だったようです。月額制に設定されていて、1万円以内で様々な部位の脱毛を行うことができるということで若い女性に人気だったのですが、非常に残念なことに特定取引法違反により、消費者庁に勧誘の業務の一部を9カ月間停止するように命じられています。

月額9500円というのは、長期にわたるコースの料金を一括で払った場合の一カ月分の金額で、実際には、17万以上かかるコースの勧誘などを行っていたことが分かっています。実際に、17万円は、決して安いといえない金額です。

消費者庁が指摘しているエターナルラビリンスの虚偽誇広告はそれだけでなく、もしも予約が取れない場合には、月額がもったいないという考えの人には、必ず予約はとれると言っているのですが、実際には予約を取りにくい状態にあったといわれています。

消費者庁の指摘に関しては、そのような事実はないといっていますが、何よりも消費者センターなどには、苦情の相談が今年の㋇までに約10年間で595件も寄せられているようです。

実際に、利用した人が、テレビの取材などで語っている内容も私は目にしましたが、そこまでして、お客さんだましてまで経営を行っていくのは許せないと感じています。

クーリングオフなどでいないといっているので、消費者センターに相談すると、問い合わせをしていただいてクーリングオフすることができた。と答えている女性がいましたが、消費者センターにできて、個人的にできないのは許せませんよね。

嘘や偽りがない場合には、消費者センターからの連絡でも、間違っていないならできないというべきですが、相談すればできるということは、何かを隠しているから、すべてがおおやけになってしまうのを避けるために、しぶしぶ良いといっているの?って感じでTVを見ていました。

実際に、女性は美しくなりたいという気持ちを悪用するのはよくないと感じます。実際に、私は、すべての方に白状させることが何よりも大事ではないでしょうか。

消費者センターの指摘にそのような事実はないといっていますが、それならなぜ、相談が相次いでいるのか明確にしてほしいと思います。

このブログ記事について

このページは、bestselectionが2016年9月 8日 10:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「光脱毛にも種類がある|IPL脱毛とSSC脱毛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。